「歯科衛生士」に関するガイド記事

「歯科衛生士」のお仕事内容から、就職・転職にまつわる情報まで、幅広く紹介していきます。

歯科衛生士とは主に口腔ケアを担当する職種です。日本では、歯科医院に行くのは、「治療」のためですが、北欧諸国では、「予防」に力をいれています。

歯の「予防」において活躍するのが、歯科衛生士です。
日本では「予防」はまだまだ主流ではないですが、今後日本でも浸透し、歯科衛生士の活躍の場が広がるでしょう。

そんな、歯科衛生士さんに関する情報を紹介していきます。

1. 歯科衛生士の仕事内容

歯科衛生士は、歯科疾患の予防及び口腔衛生の向上を図ることを目的として、人々のお口の健康づくり・口腔ケアをサポートする国家資格の専門職です。仕事内容はおもに、「歯科予防処置」・「歯科診療補助」・「歯科保健指導」といった3つの役割があり、それぞれに専門性の高い知識・技術を必要とします。

>>続きを読む

2. 歯科衛生士になるには

歯科衛生士になるには、まず、専門学校、短期大学、大学等の、歯科衛生士養成機関において、歯科衛生士として求められる知識や技術を習得する必要があります。 それらを習得し、育成期間を卒業すると、歯科衛生士国家試験の受験資格が得られます。

>>続きを読む

3. 歯科衛生士国家試験の概要

歯科衛生士国家試験とは、毎年の3月初旬に開催される、歯科衛生士の国家資格を取得するための国家試験です。 全国10カ所(北海道 宮城県 東京都 新潟県 愛知県 大阪府 広島県 香川県 福岡県 沖縄県)で試験が開催され、 平成26年度は3月2日に国家試験がおこなわれ、6685名が受験をし、合格率は97.1%でした。

>>続きを読む

4. 歯科衛生士国家試験の概要②

ここでは、年度毎の歯科衛生士国家試験の情報を紹介していきます。歯科衛生士の国家試験は年度により、受験者数や合格率が異なります。自分が受けた年の合格率を確認してみたり、だいたい何点とれば、合格出来るのかなど、対策を計画してみましょう。

>>続きを読む

5. 歯科衛生士国家試験の概要③

このページでは、歯科衛生士学校別の国家試験結果を紹介いたします。全国にある各歯科衛生士学校の国家試験受験者数、合格者数、合格率を紹介していきます。

>>続きを読む

6. 歯科衛生士養成機関について

歯科衛生士になるには、歯科衛生士養成機関に入学し、学ばなくてはなりません。その場合、日本全国数多くある学校や機関から自分に会った所を探さなくてはなりません。自分で探して調べるのは難しいと思うので、ここでは、一括にまとめて日本の歯科衛生士養成機関を紹介します。

>>続きを読む

7. 日本の歯科衛生士の現状

現在、歯科衛生士の不足問題が叫ばれています。 平成24年の調査によると、現在就業中の歯科衛生士は108,123人だそうです。平成22年度に比べて、4,943 人増えていますが、まだまだ足りていないのが現状です。

>>続きを読む

8. 歯科衛生士になるメリット

歯科衛生士は医療行為を施すため、専門的な技術や知識が必要です。ミスが許されないため、プレッシャーが大きい一方、患者さんの体に直接手をふれるので、治療後には患者さんから感謝されることも多々あり、それが仕事へのモチベーションに繋がることが少なくありません。そのような仕事である歯科衛生士になることで得られるメリットを紹介していきます。

>>続きを読む

9. 仕事への意識調査

今回は、Web上で公開されていた歯科衛生士の仕事に対する満足度調査結果をまとめました。また、調査に答えてくれた歯科衛生士の方々が、自分の仕事の好きなところ、嫌いなところを指摘していたので、投票数を数えて、ランキングにしました。歯科衛生士の方々がどのような考えで、仕事をしているのか、参考にしてみてください。

>>続きを読む

10. 歯科衛生士の待遇

歯科業界では、歯科衛生士さんが足りないことが問題になっています。この問題の原因として、よく取り上げられるのが待遇や人間関係です。もちろん、医院によって違いがあるので、一概には言えませんが、平均額はわかります。このページでは、歯科衛生士さんの待遇について紹介していきます!!

>>続きを読む

11. 新人歯科衛生士として気をつけるべきこと

就職や転職をした当初は、初めての医院、新しい同僚、違う言葉を使う先生、等で、不安かと思います。ですが、そんな新人歯科衛生士さんでもこれだけ気をつけておけば、印象を悪くせずに済むことがあります。このページでは、新人歯科衛生士が最低限気をつけるべきことを紹介します。

>>続きを読む

12. ブランクについて

歯科衛生士さんの利点としてよくあげられる物として、「再就職がしやすい」ことや「転職がしやすい」ことがあげられます。 一方で、多くの歯科衛生士さんが指摘する再就職の心配事の1つとして、「ブランク」があげられます。ブランクがあるので本当に再就職できるのか?ということをよくききます。 その不安を解消するために、このページでは、ブランクをはやく埋めるコツを紹介します!

>>続きを読む

13. 男子学生・留学生について

多くの方は、歯科衛生士と聞いたら、【女性】を思い浮かべると思います。ただ、最近では、男性歯科衛生士も増加傾向にあります。また海外からの留学生もいます。このページでは、男性歯科衛生士学生と留学生の受入現状について紹介します。

>>続きを読む

14. 歯科衛生士体験談

ここでは実際に歯科衛生士として働いた経験がある人、働いている人の体験談を載せていきます。驚いたこと、嬉しかったこと、悲しかったこと、腹がたったこと、など、体験談を共有していきましょう!

>>続きを読む

歯科お仕事ガイド一覧

歯科衛生士
1. 歯科衛生士の仕事内容 2. 歯科衛生士になるには 3. 歯科衛生士国家試験の概要 4. 歯科衛生士国家試験の概要② 5. 歯科衛生士国家試験の概要③ 6. 歯科衛生士養成機関について 7. 日本の歯科衛生士の現状 8. 歯科衛生士になるメリット 9. 仕事への意識調査 10. 歯科衛生士の待遇 11. 新人歯科衛生士として気をつけるべきこと 12. ブランクについて 13. 男子学生・留学生について 14. 歯科衛生士体験談
歯科助手
1. 歯科助手とは 2. 歯科助手と歯科衛生士の違い 3. 求められる歯科助手とは 4. 歯科助手になるには 5. 歯科助手の現状(離職について) 6. 歯科助手体験談
歯科全体
1. 歯科医院で使える敬語① 2. 歯科医院で使える敬語② 3. 傷病名・略称 4. 職種別平均給与 5. 歯の基礎知識
お仕事探しサポート
1. 自分にあった医院の探し方 2. 履歴書の書き方 3. 面接について
歯科助手始めました日記
歯科助手デビュー(1日目) レントゲンと口腔内写真(2日目) 1人での作業(3日目) 根管充填のアシスト(4日目) CRのアシスト(5日目) 石膏模型作製(6日目) 1週間経って感じたこと(7日目) FCK(8日目) 閉院準備のプロセス(9日目) シンガポール人歯科医師との会食 小児のアシスト(10日目) 滅菌室の閉め作業(11日目)