シンガポール人歯科医師との会食

今年の5月の下旬に私たちは、シンガポール、インドネシア、マレーシアへ、海外視察に行きました。

視察の目的は、海外の歯科事情を見に行くことだったため、各国の歯科従事者を尋ねました。
海外視察で初めて訪問した歯科従事者が、今回日本に来ていた、DP DentalのDr.Yue(院長)とMrs.Loiusa(秘書兼事務長)でした。

Dr.YueはISCD(International Society of Computerized Dentistry)というスタディグループに所属しており、世界各国(主に、アジア)で講演をしています。

今回も日本に来る前は、ハリウッドで勉強会に参加していました。
彼らは、GCの本社に招待されたため、今回日本に来ており、そのついでに私たちにも連絡をくれました。

また、Mrs.LouisaはDental EDという、オンラインスタディーグループのディレクターでもあります。
Dental EDは、世界的に有名な歯科医師を講演者として、ネットを通して世界中の出席者と勉強会を開催するプログラムです。

このプログラムのいい点は、まるで、出席者全員が一つの場所にいるかのように、リアルタイムで質問しあえることだそうです。

まだ、日本では導入されていないので、実際に勉強会の様子をみたことはありませんが、もし不自由なく使えるのであれば、日本の歯科医師の方々も勉強会に参加できるかもしれません。(ただ、勉強会の共通言語は英語のようです)
つい先日も、Mrs.Louisaから日本でDental EDの勉強会を開催したら、参加者は集まるであろうか?という質問を受けたので、もしかすると、近い将来、本当に日本にも導入されるかもしれません。

こちらからは、現在、私が歯科助手として働いている医院で使用しているマニュアルを見せたところ、非常に関心を持っていました。
DP Dentalでは、私が医院で使っているほど詳細が書かれたマニュアルはないので、治療の工程や必要な器具を説明している日本のマニュアルはとても興味深いと言っていました。
「もし、英語版ができたら、すぐ購入する」と言っていたので、もしかすると、マニュアル作成は海外の歯科医院でも需要があるのかもしれません。

このようにお互いの国の情報を共有していくことで、新しい発見をし、仕事に活かしていけると思います。

海外で出会った歯科医師の方々は他にもたくさんいるので、今後も紹介していきたいと思います。

歯科お仕事ガイド一覧

歯科衛生士
1. 歯科衛生士の仕事内容 2. 歯科衛生士になるには 3. 歯科衛生士国家試験の概要 4. 歯科衛生士国家試験の概要② 5. 歯科衛生士国家試験の概要③ 6. 歯科衛生士養成機関について 7. 日本の歯科衛生士の現状 8. 歯科衛生士になるメリット 9. 仕事への意識調査 10. 歯科衛生士の待遇 11. 新人歯科衛生士として気をつけるべきこと 12. ブランクについて 13. 男子学生・留学生について 14. 歯科衛生士体験談
歯科助手
1. 歯科助手とは 2. 歯科助手と歯科衛生士の違い 3. 求められる歯科助手とは 4. 歯科助手になるには 5. 歯科助手の現状(離職について) 6. 歯科助手体験談
歯科全体
1. 歯科医院で使える敬語① 2. 歯科医院で使える敬語② 3. 傷病名・略称 4. 職種別平均給与 5. 歯の基礎知識
お仕事探しサポート
1. 自分にあった医院の探し方 2. 履歴書の書き方 3. 面接について
歯科助手始めました日記
歯科助手デビュー(1日目) レントゲンと口腔内写真(2日目) 1人での作業(3日目) 根管充填のアシスト(4日目) CRのアシスト(5日目) 石膏模型作製(6日目) 1週間経って感じたこと(7日目) FCK(8日目) 閉院準備のプロセス(9日目) シンガポール人歯科医師との会食 小児のアシスト(10日目) 滅菌室の閉め作業(11日目)