1週間経って感じたこと(7日目)

ついに、歯科助手として働き始めてから1週間が経ちました。
まだまだ短いですが、1週間でいろいろなことを行いました。
今日は1週間で行ったことをまとめていきたいと思います。

まず、アシスト以外で行ったことは、滅菌作業、ユニット片付け、患者さんの案内、レントゲンの準備と誘導、歯の 石膏模型の作製、などです。

この中で、特に難しかったのは、歯の石膏模型の作製です。患者さんの歯と同じ形の石膏模型を作らなければならないため、正確さが求められます。
また、正確さだけでなく、石膏は作り始めると、徐々に固まってしまうため、スピードも求められます。

スピードを保ちながら、正確な石膏模型を作るのは大変難しかったです。ただ、歯の石膏模型の作製は、自分の歯型を使ったり、他のスタッフさんに練習相手になってもらうことで、練習がたくさんできます。(練習なくして、歯の模型作製の技術をあげるのは難しいと思います)
そのため、しっかり練習し、スピードを保ちながら正確に作製することに慣れることが必要だと感じました

もちろん、治療のアシストにもつきました。

アシストに付いた治療は
・CR
・根管治療(RCT)
・根管充填(RCF)
・抜髄
・定期健診
など、たった1週間でもたくさんのアシストにつきました。

今までで、1番難しかった治療アシストは、根管充填だと思います。
特に、はじめて根管充填のアシストについた時は、用意する物も不十分、かつ、先生の治療のスピードに私のアシストがついていけなかったので、ものすごく大変でした。
しっかりと、必要な物や治療の流れを予習・復習して、スピードに対応できるよう、準備するべきだと思いました。

もちろん、数回アシストについたからといって、治療のすべてをわかっているわけではありません。
ただ、1週間前と比べると、必要な治療器具や治療の流れを理解していると思います。(完璧ではありません)

始める前は、1週間というと、ものすごく短くて、このように多くのことを行うとは思ってもいませんでした。
まだまだ治療の種類はたくさんあると思うので、これからもしっかりと学んで、歯科助手を続けていこうと思います。

歯科お仕事ガイド一覧

歯科衛生士
1. 歯科衛生士の仕事内容 2. 歯科衛生士になるには 3. 歯科衛生士国家試験の概要 4. 歯科衛生士国家試験の概要② 5. 歯科衛生士国家試験の概要③ 6. 歯科衛生士養成機関について 7. 日本の歯科衛生士の現状 8. 歯科衛生士になるメリット 9. 仕事への意識調査 10. 歯科衛生士の待遇 11. 新人歯科衛生士として気をつけるべきこと 12. ブランクについて 13. 男子学生・留学生について 14. 歯科衛生士体験談
歯科助手
1. 歯科助手とは 2. 歯科助手と歯科衛生士の違い 3. 求められる歯科助手とは 4. 歯科助手になるには 5. 歯科助手の現状(離職について) 6. 歯科助手体験談
歯科全体
1. 歯科医院で使える敬語① 2. 歯科医院で使える敬語② 3. 傷病名・略称 4. 職種別平均給与 5. 歯の基礎知識
お仕事探しサポート
1. 自分にあった医院の探し方 2. 履歴書の書き方 3. 面接について
歯科助手始めました日記
歯科助手デビュー(1日目) レントゲンと口腔内写真(2日目) 1人での作業(3日目) 根管充填のアシスト(4日目) CRのアシスト(5日目) 石膏模型作製(6日目) 1週間経って感じたこと(7日目) FCK(8日目) 閉院準備のプロセス(9日目) シンガポール人歯科医師との会食 小児のアシスト(10日目) 滅菌室の閉め作業(11日目)